カントリーウェブニュース

日常で気になる話題をピックアップ

ポケモンGOでバッテリーセーバー+2つの方法で電池が長持ち!

Screenshot 2016-07-23 at 13.13.13

画像:http://www.pokemongo.jp/

皆さん、ポケモントレーナーしていますか?

発売して数日ですがジムのポケモンを見ると、相当やり込んでいる人が居るようです。

私も、仕事以外の時間をほとんどポケモンGOに費やしております(^^ゞ

しかし、プレイして思うのが『バッテリーの持ちが悪い』という事。。

GPSが作動しっぱなし、AR描写で現実世界でプレイしているような感覚が売り、バッテリーの消耗が激しい事は想像に難くない。私のスマホだと大体30分で15%ほどバッテリーを消耗しており、ほんの数時間使っただけでバッテリー切れという事態に陥っています。

そんな中、少しでもバッテリーを持たせようと3つの方法を試しました。それぞれ効果があり3つの方法の合わせ技により、バッテリーの持ちが飛躍的に上がりましたのでポケモントレーナーの皆さんは是非、試して下さい(^^)

スポンサーリンク

バッテリーセーバーを使う

まずは、基本のバッテリーセーバーの利用。

ポケモンGOにはバッテリーセーバーと呼ばれる機能が搭載されています。「使うと色々な制限がでるんじゃなくて?」と思ってしまいますが、意外にも不都合になる場面はほとんどありません。

方法は、マップ上で画面下のモンスターボールをタッチ⇒開いた画面の右上『設定』ボタンをタッチ⇒設定画面にバッテリーセーバーという項目があるのでこれをオン。

バッテリーセーバーをオンにしても、通常使用する分には何の変化もありません。効果を発揮するのはスマホを反対向きにした時。反対向きにすると画面が暗くなり電池消耗を抑えてくれます。とはいってもゲームは起動したままでポケモンが出現すると振動で教えてくれるし大きな不都合はありません。バッテリーの消耗を抑えられる上に歩きスマホも減らせる便利機能なのです。

 

ARをオフ

AR機能を使う事によって現実の世界にポケモンが居るように感じ、よりゲームを楽しめます。しかし、AR機能は当然の事ながら、カメラを起動させているのでその分電池の消耗が激しいのです。GPSにゲームにカメラ、これだけ色々と起動させると必然的にバッテリーの消耗が激しくなってしまいます。

ただ、ゲームは楽しんでナンボですね。AR機能が気に入っている人は惜しみながらオフにする必要はありません。そういう方は「バッテリーが減ってきた!」といった時だけオフにするというのもオススメです。

 

スマホの省エネモード

ほとんどのスマホには『省エネモード』『節電モード』といった機能が付いています。

これらをオンにするだけでも大幅な改善がみられます。ただ、これらのモードにした事によってゲームがカクカクとした動きなどになってしまう場合なども考えられますので、まずは試しに1回使ってみて下さい。

もし、使えなかった場合などは、スマホの『ディスプレイ設定』などで画面の明るさを暗くしてみましょう。これだけでも節電に繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

私の住んでいる街は『ど田舎』です。そんな、ど田舎でもジムの前では、すれ違う人のほとんどがポケモンを起動していました。相当流行っているようですね(^^ゞ

そして、多くの人が私と同じようにバッテリーで悩んでいるはずです。是非、この3つの方法を試してみて下さい。

これでもバッテリーが足りない場合は、モバイルバッテリーも持ち運びましょう(^_^;)

最近は10,000mAh超えでも1,000円代で買えるみたいですよ。iPhoneが5回ぐらい充電出来るのでは?

 - ポケモンGO攻略