カントリーウェブニュース

日常で気になる話題をピックアップ

アラサーで転職は前向きな挑戦!30歳前後で転職を考える人の心理

checklist-1266989_1280

私は、現在32歳。先日、久しぶりに同級生の友人と集まる機会があったのですが『転職』という話題で話が盛り上がりました。

20代半ばまではこういった話題で盛り上がる事も少なかったのですが、30歳前後になると会社の状況や給料、勤務内容など様々な事に不安を抱え迷いが出るようですね。

私自身、働いていた会社を辞めて30歳で飲食店を経営し始めました。勤めていた会社に不安や不満があったのも個人事業主になった要因です。

スポンサーリンク

アラサーで転職を考える理由

30歳というと、新卒で入社して8年目ほど。

この時期になると、冷静に今後の事を考えるようになります。

10年後20年後の給料が想像できてしまう

入社8年目ともなるとこれまでの昇給具合などから10年後20年後の給料も予想できてしまいますね。

「あと少し頑張れば一気に給料が上がるよ」という話より「生活が厳しい」といって食事代などを切り詰めている先輩方がいる会社の方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

10年後もヒーヒー言いながら働く光景が目に浮かんでしまうわけです。

結婚して家族を養える気がしない

独り身のうちは今のままでもいいけど将来的な事を考えるとこのままじゃマズイと考える人が多いようです。

これは、私も転職の理由の1つでした。共働きが当たり前の世の中ですが、それでも出来れば自分の給料で養いたい。特に男性はこの感情を持っているはずです。

マンネリ化している

「毎日同じことの繰り返し・・」業務内容に大きな変化がない場合、同じ内容の仕事を繰り返す事が嫌になってきますね。

製造業に多く見られる傾向のように感じますが、同級生の話を聞いていると製造に限った話ではなく、事務仕事でもなんでもマンネリ化現象は起こります。

力を試したい

もちろん、ネガティブな理由だけで転職を考えるわけではありません。

「この会社で終わっていいのだろうか??」

「次の事に挑戦してみたい」

「自分の能力が他の会社で通用するのか試したい」

転職を1度も考えた事がないという人はほとんど居ないかと思います。自分の力を試したいと思う機会は誰にでもあるはずです。力をためたら試したくなるのが普通の心理です。

 

会社を辞めるのは無謀じゃない

転職をネガティブに捉える人は少なくありません。

でも、そんなに無謀な事なのでしょうか?

正直、納得していない会社でずっと働き続ける事の方がずっと無謀なように感じます。

リスクはあります

転職後に上手くやっていけるとも限らないし転職にはリスクがあります。特に日本では転職を繰り返すほど、履歴書が汚れて評価が下がってしまいますからね。

でも、安定ばかりを考える必要もないんじゃないでしょうか??

多少のリスクがダメな事とは思えません。

私の場合、退社して飲食店を開業して、それだけでは生活が厳しいのでネットでもお金を稼ぐ努力をしました。

そして今はなんとかなっています。

お金を稼ぐ手段なんて沢山転がっているんですよね。難しく考える必要なんてありません。最悪、私みたいに企業に依存する事無く個人でもなんとかできるんですから。まずは、リスクの低い事から始めてみてはいかがでしょうか。

人並みの給料は稼げる

給料が低いから転職したいという人も居れば、給料が下がるのが嫌だから転職に抵抗があるという人も多いかと思います。

でも、30歳まで真面目に働いてきた経験があるのなら人並みの給料はいくらでも手に入ります。

もちろん、一流メーカーで人並み以上のいい給料をもらっている場合は下がってしまう事も多いでしょう。

でも、そんな人はほんの一握りですよね。ほとんどの人はそれに当てはまらないはず。

だとすれば転職はそれほど無謀な事ではありません。

私も、飲食店で独立してネットで稼いで、普通の人よりリスクの多い生活をしてきたでしょう。でも、失敗したらまた転職を考えればいいだけです。頑張って働いてこれまでの行動力をアピールすれば雇ってくれる会社なんていくらでもあるはずです。そして人並みの給料は稼ぐ自信があります。

それに、今の会社でずっと続ける事がリスクのない事とは限りません。大企業だって多くのリストラを行うご時世、数年後どうなっているかなんて分かりませんよね。

むしろ、そう考えると転職を経験してどんな会社でも生き抜く強さを身につけた人の方が強いかもしれません。

もちろん、中途半端に転職しては意味がありませんよ。全力で仕事をして必要な人材、戦力になる人材になってから転職を考えるべきです。

 

転職経験者として

私は、独立する前にも転職を経験しています。その際に転職エージェントを利用していました。まぁ、わりと王道の転職方法ですね。

しかし、転職の経験がない人はこのシステムをよく分かっていない人が多いかと思います。

まず、転職エージェントは採用企業がお金を支払う事で成り立っています。その為、転職者がお金を払う必要はないのです。

転職の相談
👇
履歴書のチェックが受けられる
👇
面接対策
👇
転職先の紹介

転職に至るまでの一連の流れをバックアップしてくれます。このシステムが無料って使わない理由はありませんよね。

それに、働きながら転職先を探すのは至難の業です。自分で動くのには限界がありますからね。そういった時にも転職エージェントは必須になるでしょう。

給料に関する交渉もエージェントが間に入ってくれます。給料の交渉は自分ではなかなか難しいですからね。このシステムもかなり有りがたい。

スポンサーリンク

実際に使った転職エージェント

私が実際に使っていた転職エージェントを紹介しますので参考にしてみて下さい。

担当者と合わない場合もあります。必ず2社以上の登録をしましょう。

リクルートエージェント

まず、王道のリクルートエージェントは必須です。必ず登録しましょう。やはり、企業数や大手企業とのパイプが桁違いに強いです。

担当者も経験豊富で能力が高く当たり外れも少ないとされています。私も、丁寧にアドバイスを頂き転職に役立ちました。

性格上かなり小まめに連絡をして相談しましたが嫌な顔一つされませんでした。

リクナビNEXT

続いて、リクナビNEXTもおすすめの転職エージェントです。リクナビNEXTの最大の特徴は『スカウト登録』という制度があるという事。自分の経歴を登録しておくと企業側からオファーがくるという仕組みです。

直接オファーがきた場合は、面接までスムーズに進みますし、働きながらの転職活動で時間をかけられない場合でも自分に適合した仕事が見つかります。
どんな企業から必要とされるのかを知る為にも登録しておきたいエージェントです。

リクナビNEXT

ハタラクティブ

転職エージェントは過去の経歴次第で登録できない可能性があります。仕事の紹介が難しい人は事前にふるい落とされてしまうという事です。厳しい。。

その点、こちらのハタラクティブは派遣社員、フリーターの人に正社員の雇用を紹介する転職エージェントとなっています。

正直、今の私がリクルートエージェントに登録しようとしても難しいでしょう。その時はこちらのエージェントにお世話になろうと思っています。

正社員の経験もないし正社員になる自信もないという人は登録してみて下さい。正社員経験のない人を正社員にする事に特化したエージェントです。

ハタラクティブ

 

最後に

転職はネガティブなイメージが付きまといますが考え方次第では前向きな発想です。

転職を考えて行動を起こしたけど踏みとどまって同じ会社で働き続ける人も多くいます。まずは、実際に行動して自分自身で判断してみてはいかがでしょうか?

 - 転職